債務整理をすると子供の奨学金など影響したりするのか?

債務整理という厳しい判断をする上で、家族の今後の生活や子供の将来を考える必要があります。特に、日本は学歴社会なので、子供が奨学金制度を利用して良い大学に入ることは将来の収入アップに直結します。もし債務整理をした場合に子供の奨学金が借りられなくなるという状態になると選択肢が狭まってしまいます。では、債務整理をした場合の子供への奨学金制度利用への影響はどれくらいあるのでしょうか?端的に述べると、「影響は無いとは言えないが、制度を利用できないほどではない」というレベルです。まず、債務整理をした本人名義で子供用の奨学金を申し込むことは万が一の場合の自己破産の免責不許可事由に該当する可能性があるので避けた方が良いでしょう。収入と借入のバランスによっては、「詐術行為」と受け取られる可能性があるからです。ですので、債務整理後に子供の奨学金を申し込む場合には、子供本人名義での申請をすることで対応しましょう。
過払い金請求 おすすめ 弁護士
京都債務整理ランキング
この場合、連帯保証人や保証人が求められることとなります。債務整理をした人は、原則として連帯保証人となることはできなくなってしまいます。保証人になることは可能です。ですから、このケースだと連帯保証人を誰にするのかということが重要になります。しかし、これも債務整理をしたあなたの配偶者を連帯保証人にすることでクリアできます。
もしも母子家庭など、債務整理をしたあなた以外に配偶者がいない場合は、親族に依頼するという手があります。さらに、親族から連帯保証人となることを拒否されてしまったら。そのケースでも対処する方法はあります。それは、「機関保障制度」の利用です。機関保障制度とは、連帯保証人や保証人による保障を代行する機関に、債務の保障を依頼するというもの。奨学金を申し込む場合には日本国際教育機関が機関保障を提供してくれます。ただし、これは無償ではなく、保険と同じように保険料がかかります。ですがその保険料は3?5%ほどの低額ですので、奨学金制度を利用できない場合と比べると、経済的に有利になることは間違いありません。以上のような制度を利用することで、債務整理を行った場合の子供の奨学金への影響を最低限にすることができます。
これら以外にも債務整理後に奨学金を申請する場合に考慮すべき必要性がある場合があります(個々人の家庭・経済状況によって変わる場合がある)ので、心配や不安がある場合は債務整理の専門知識を持つ弁護士や法律事務所の無料相談などを利用すると良いでしょう。債務整理 法律事務所 評判

関連ページ

債務整理をすると車の保険や生命保険はどうなる?
債務整理をすると車の保険や生命保険はどうなる?