債務整理をする事によって妻や旦那のローンの審査や契約に不利になったりする事があるのか?

債務整理をした後に、自分の妻や旦那さんのローン審査や契約が不利になるのかどうか、気になる方は多いと思います。基本的に、債務整理は本人に対する法的手続きですので、その影響が配偶者に直接及ぶということはありません。ですので、あなたが債務整理をした後に、妻や旦那さんが車や住宅のローン契約をしようとする際、審査や契約で不利になることは「基本的に」ありません。しかし、あくまで「基本的に」であって、絶対に不利にならないとは言い切れないのです。これが債務整理の難しい点でもあるのですが、やはり個々人が置かれた状況によって結果が大きく変わってくるのです。例えば、夫婦共働きで、あなたが債務整理の法的手続きを始めたとします。その際、奥さんの仕事による給与が、これから組むローンに対して十分な収入があるのであれば、大きな問題にはならないでしょう。
債務整理 評判
ただし、契約によっては保証人を求められる場合があります。その際、そのローン契約をする会社が、債務整理中の人は保証人にしないという条件を付けているとすれば、債務整理を受けているあなたは個人信用情報に事故情報として記載されているので、保証人となることができません。そして、万が一他の家族などに保証人を引き受けてもらうことができなければ、そのローン契約は流れてしまうことになります。ただ、債務整理中でも保証人になること認めるローン会社も存在します。次のケースは家庭であなたが正社員として働いていて債務整理の法的手続きを受けている状態であり、奥さんはパートで生活を支えているというような場合です。この場合、基本的にローン契約はできないでしょう。パートは不安定な収入減と見なされるため、長期多額のローン契約はほぼ不可能です。消費者金融のような数十万円レベルの借入契約ならばできる場合はあります。以上のように一口に債務整理後の配偶者のローン契約・審査といったものについても、それぞれの契約条件や夫婦の収入減、家族・親族の支援の有無によってまったく違う結果になります。どうしても成功させたいローン契約がある場合は、専門的知識を持った弁護士や法律事務所に相談することが重要になってくるでしょう。
任意整理 おすすめ弁護士